成功率93.3%!800人が女の子を産む事に成功した、奇跡の産み分け術とは!?「産み分けする方法がわからない」「病院で指導を受けても女の子が生まれない」と悩んでいませんか?実は、1日1分○○○をするだけで女の子が生まれる方法があります。病院に行かなくても、自宅でできる方法を知りたくはありませんか?

赤ちゃんの性別が決まる仕組み

そもそも、なぜ産み分けができるのか?
まずは赤ちゃんの性別が決まる仕組みを理解しましょう。

●科学的に立証されている産み分けとは?
専門家による研究の結果、男の子と女の子の違いがどうしてできるのか、どの時点で性別が決まるのか、などについてはすでに解明されています。
今から約35年ほど前に、世界的に有名な生殖生理学者であるランドルム・B・シェトルズ博士が、精子にはX染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子があることを発見しました。
これが、それまで男の子が生まれるか女の子が生まれるかは神のみぞ知るといわれていた産み分けに光を当てた最初の出来事でした。


●23組目の性染色体が性別を決定する?
人間は23組の染色体を持っています。2個1組になっているので全部で46個です。
染色体は22組までの44個は男女とも同じものを持っていますが、23組目が性染色体と呼ばれ男性は「XY」女性は「XX」なのです。
この23組目の性染色体の「XY」と「XX」の違いで性別を決めます。


●性別と染色体との関係とは?
精子にはX染色体を持つ精子と、Y染色体をもつ精子があり卵子は常にX染色体なので結合の組み合わせで性別が決まります。


●いつになれば、性別が決まるのか?
人間の性別が決まるのは、精子と卵子が結合した瞬間です。

X染色体の精子がX染色体の卵子と結合すれば女の子
・・・「X精子」+「X卵子」→「XX」女の子

Y染色体の精子がX染色体の卵子と結合すれば男の子
・・・「Y精子」+「X卵子」→「XY」男の子
ができます。


●なぜ、産み分けができるの?
X染色体の精子とY染色体の精子にはそれぞれ性質の違いがありある特定の状況を作ることでX染色体の精子とY染色体の精子のどちらか望む方を卵子と結合しやすくできるというものです。


●女の子を産み分けるためには?
この産み分けの仕組みを踏まえてX染色体を持つ精子が卵子と結合しやすくする状況を作っていきます。


●X染色体の精子とY染色体の精子の性質の違いとは?
【精子の性質の違い】
1、男の子をつくるY染色体をもつ精子は、女の子を作るX染色体をもつ精子よりも小さい。
2、男の子を作るY染色体をもつ精子は、理想的な環境ではX染色体をもつ精子よりも迅速に移動できる。
3、女の子をつくるX染色体をもつ精子は、Y染色体をもつ精子よりも屈強で、様々なストレスに対する耐性がある。


この3つの染色体の性質から次のようなことが言えます。


【男の子が生まれる場合】
1、 排卵日あるいはその付近にセックスが行なわれた場合、動きがより迅速な男の子をつくる精子が、先に卵子に到達するといわれる。

排卵の時期は女性の生理的分泌液がアルカリ性に強く傾いており、精子が移動するのに最適の条件になっているためである。

【女の子が生まれる場合】
2、 排卵日の前日より以前にセックスが行なわれた場合は、より抵抗力がある女の子を作る精子が、卵子に到達しやすい。その時期の女性の生理的分泌液はより酸性に傾いており、抵抗力の弱い男の子を作るY染色体をもつ精子が排除されてしまう可能性が高いからである。


1日1分続けていただければ、その効果を即実感することができます!

メニュー

産み分け(wiki)

当サイトについて

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録