成功率93.3%!800人が女の子を産む事に成功した、奇跡の産み分け術とは!?「産み分けする方法がわからない」「病院で指導を受けても女の子が生まれない」と悩んでいませんか?実は、1日1分○○○をするだけで女の子が生まれる方法があります。病院に行かなくても、自宅でできる方法を知りたくはありませんか?

産み分けwiki(着床前診断) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

着床前診断(ちゃくしょうぜんしんだん)Preimplantation genetic diagnosis(PGDorPIGD)とは、受精卵が8細胞?胚盤胞前後にまで発生が進んだ段階でその遺伝子や染色体を解析し、将来起こりうる遺伝疾患や流産の可能性を診断すること、ないしその技術である。遺伝子解析により遺伝子が特定されている遺伝病や、染色体異常等を発見することができる。受精卵診断と呼ばれることもある。

世界で最初の着床前診断は1990年に英国で『ネイチャー』誌に公表された。これは性別判定によって伴性遺伝疾患を回避する目的で実施された。現在では、遺伝疾患回避の目的で実施される着床前診断は性別判定ではなく遺伝子の変異そのものを調べる事が多い。

他方、着床前診断によって、染色体異常を原因とする流産の回避が可能であることも判明し、世界的には流産予防を目的とする着床前診断も多数実施されている。

世界的には10,000人以上の児が着床前診断を受けて誕生したと推計されている。

遺伝疾患回避の方法としては、従前は羊水検査や絨毛検査などの出生前診断が実施されていたが、出生前診断では胎児の異常が判明したときに人工妊娠中絶につながる可能性が高いことが大きな問題であった。1978年ルイーズ・ブラウンの誕生をきっかけとして体外受精の技術が発展した事、ポリメラーゼ連鎖反応等の分子生物学の技術の進歩等により、受精卵が子宮に着床する前、即ち、妊娠が成立する前に受精卵の遺伝子や染色体の検査を実施することが技術的に可能となってきた。推進派の医師は羊水検査などの出生前診断に比し、受精卵診断によって人工妊娠中絶の可能性を回避できるなどの利点があると主張している。

ただし、ことに人間の場合、優生学を継承した生命の選別・選民思想などの生命倫理的な問題があるとする意見もあり、その是非については議論が分かれる。同様の問題は出生前診断についても当てはまる。一方、流産予防に関してはいずれにせよ流産してしまう受精卵を前もって除くだけなので倫理的な問題は少ないとされる。


800人以上が女の子を出産する事に成功した、病院に行かなくても自宅でできる産み分け方法

メニュー

産み分け(wiki)

当サイトについて

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録